<   2017年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

acros.

DSCF2348
Fuji X100F / Acros

X100Fのフィルムシミュレーション、Acrosが一番のお気に入り。

[PR]

by ema_photo | 2017-03-30 13:45 | Fuji X100F | Comments(0)

X100F続き。

DSCF2333
Fuji X100F / Acros

X100FとトイデジSUN & CLOUDを比べるようになってきちゃったけど…。
当然のことながらX100Fの写真は素晴らしい。
ボケ方の柔らかさや光の感じがフィルムカメラに近い気がする。

DSCF2334
Fuji X100F / Provia

窓の灯りに照らされる床板の質感など、このカメラならではのような気がする。
…って、「気がする」ばかりで結局難しいことはわかってないんだけど。
ただ撮影するのが楽しいカメラであることは、私のような素人でもわかる。
それで十分。


[PR]

by ema_photo | 2017-03-28 01:02 | Fuji X100F | Comments(0)

SUN & CLOUD 続き。

PICT0013
SUN & CLOUD / MONO

しつこくSUN & CLOUDネタ。
これで撮るモノクロが楽しくて仕方ない。

PICT0014
SUN & CLOUD / MONO

ゾーンフォーカス(マクロ、ポートレート、風景の3段階)、露出はオートのみ、ISOは100と800だけど800はノイズだらけで使えない。そんなカメラなのにモノクロでの光の捉え方が面白くて、意外な写りを見せてくれる。

PICT0030
SUN & CLOUD / Super M

モノクロは3つのモードがあるんだけど、標準とSuper Mモードが使いやすいかな。
とっても古い銀塩カメラで撮ったような味のある画像が得られる。
ネットのレビューでは、太陽電池や手回しハンドルによる充電のことばかり取り上げられていて残念。
こんなに安くて面白いモノクロのデジカメはあんまりないんじゃないかなと思う。


[PR]

by ema_photo | 2017-03-26 13:46 | Other | Comments(0)

X100F。

IMG_6535
Apple iPhone7 plus / ポートレートモード

せっかく購入したのにトイデジのSUN & CLOUDに気を取られてあまり使い込んでいなかったX100F。
散歩に持ち出してゆっくり試写してみた。

DSCF2319
Fuji X100F / Acros

交換レンズもズームもない単焦点のレンズは、シャッターを押すまでの迷いが少ない。
起動を含めた動作の速さも心地よい。
モノクロの描写が特に気に入ったけれど、上手く光をとらえたときのカラーもいい感じ。

DSCF2328
Fuji X100F/ Velvia

フィルムカメラを使う時に近い感覚で撮れるカメラのような気がする。
インターフェースがこなれていない気もするけれど、慣れればこれはこれで使いやすい。
何よりjpegで撮るのが楽しいというところがいい。

DSCF2340
Fuji X100F

sdQやDPとはまた違った感じだが、ガラスや金属の質感がいい感じ。
いつもそばに置きたいカメラだなと思う。


[PR]

by ema_photo | 2017-03-25 14:59 | Fuji X100F | Comments(0)

SUN & CLOUD

PICT0013
SUN & CLOUD / Mono モード

先日購入したトイデジのSUN & CLOUDのモノクロモードが面白い。
以前、昭和40年代のファミリー向け国産レンジファインダーのカメラでモノクロの自家現像を楽しんでいたことがあるが、よく似た雰囲気の写真が撮れる。

PICT0004
SUN & CLOUD / Mono モード

解像度の低さや粒子の荒れ具合が近い感じで、昨今のデジカメではなかなか出せない雰囲気になっている気がする。
モノクロ専用機として活躍してくれそうだ。

PICT0012
SUN & CLOUD / Super M モード

iPhoneで色々アプリを使ってもなかなか出せない感じに仕上がってくるので楽しい。
3000円少しでこれだけ遊べれば十分元は取れたかな。

[PR]

by ema_photo | 2017-03-22 12:41 | Other | Comments(0)

トイデジ。

IMG_6513
Apple iPhone7 plus

懲りずにトイデジ購入。
スメ8やLC-Aが写真を趣味にするきっかけになったためにトイカメラには妙に弱い。
ただフィルム時代のトイカメラと違ってトイデジはイマイチ面白さに欠ける気もする。
にもかかわらず、また手を出してしまったのは3000円台という価格の安さとスタイルの面白さに惹かれたから。
太陽電池と手回し充電でも電池の充電ができるという謎の仕組みも面白い。

PICT0013
sun&cloud / super M mode

散歩に持ち出してちょこっと試写してみた。
カラーは使い物にならない感じだけど、モノクロのモードが結構使えそう。

PICT0009
sun & cloud / MONO mode

これはなかなか楽しいカメラのようだ。

[PR]

by ema_photo | 2017-03-20 18:26 | Other | Comments(0)

フイルムシミュレーション

DSCF2100
Fuji Film X100F / Film Simulation Velvia

前回に引き続いてX100Fの写真から。
X100Fでは、RAWじゃなくてjpegで撮ることを意識している。その方がスナップに向いているような気がする。
さてFujiのカメラにはフィルムシミュレーションという機能がついていて、フィルム時代の色合いを再現してくれるという。
X100FにはモノクロのAcrosが追加されたのが話題だが、今回はVelviaの具合を見てみた。
2枚の写真は、いずれもjpegで撮って出しの状態。

DSCF2106
Fuji Film X100F / Film Simulation Velvia

写真の出来は私の能力不足としてご容赦いただくとして…
私自身、それほどVelviaを使ったことがあるわけではなく、フィルムの一眼レフ(EOS5,EOS55,OM-1)を使っていた頃に時々使用していた程度である。だから詳しいことや難しいことはわからないけれど、Macに読み込んで画像を見たときに「あ、懐かしい色だな」と思った。詳しく比較したら違いが大きいのだろうけど、記憶の中のVelviaに近い気がしたのだ。
今回は、旅行先のホテルの窓から日の出前の景色を撮っただけなので全体にアンダーで色も淡い状態だけど次はもっとカラフルなものを撮ってみたい。



[PR]

by ema_photo | 2017-03-15 10:05 | Fuji X100F | Comments(0)

FUJI FILMのカメラ

DSCF2158
Fuji film X100F(jpeg,加工なし)

古くなったメインカメラの5Dm2を買い替えたいと半年ほど前から情報を集めていた。
ところが古いGRD2の写真を見ているうちに、単焦点レンズのカメラに魅力を感じてきた。そもそもはレンジファインダーの中古カメラにハマったことが今のカメラ趣味のきっかけでもあり、交換レンズを気にせず、写真を撮るのもいいなあと考えるようになった。
三脚を立てて一瞬を狙うような写真よりもぶらぶらと歩きながら目についたものを撮るスナップの方が好きだし、GRDもいいかなと考え始めていた。

DSCF2144
Fuji film X100F(jpeg,加工なし)

そんな折、ネットでX100Fを紹介しているサイトを見た。
老眼と乱視で液晶モニタだけではピントが合わせにくくなっている身には、GRDと異なりOVF,EVFが付いているところが気に入った。
決して安いカメラではないが、それまで(買えないのに)高価な5Dm4とかα7RIIとかのサイトを眺めていたので価格に対する感覚が麻痺していた。「本体半額以下だし、今後交換レンズの出費もない」と自分を納得させてポチッと…。

DSCF2174
Fuji film X100F(jpeg,加工なし)

FUJI FILMのカメラは、初めて買ったデジカメのFinePix 6800Z以来なので15年ぶりくらいになる。
週末ギリギリにフードも間に合い、旅行に持ち出して見た。
マニュアルも十分読めていないので解らないことも多いが、なかなか楽しい。

DSCF2170
Fuji film X100F(jpeg,フィルムシミュレーション:Acros)

実際に使って見て、気軽によく撮れるカメラのようでいて実は結構難しいカメラだなって気がした。
何も考えないで撮ると平坦な写真になってしまうのだが、いい光を捉えるとぐっと面白い雰囲気になる。
絞りの具合によっても雰囲気が変わってくる。
ゆっくりと使い込んでいくのが面白そうだ。

[PR]

by ema_photo | 2017-03-12 23:58 | Fuji X100F | Comments(0)

GRD2

R0010082.JPG
Richo GRD2

GRD2…といっても、現在のGRではなく、昔のGR。
9年前に手に入れて、当時はいつも持ち歩いていた。
ずっと欲しかったカメラだったし、コンパクトな筐体と写りの良さが気に入っていた。
その後、デジイチを手に入れてからは徐々に使わなくなってしまい、RX100やQ7が持ち歩きカメラに変わっていった。

R0011677.JPG
Richo GRD2

最近見かけないなあと思っていたら、防湿庫のすみに押し込まれていた。
取り出して眺めていると懐かしくなり、昔の写真を見直してみた。

R0011063.JPG
Richo GRD2

なんだか当時の方が今より写真を楽しんでいるようだ。
あれこれレンズや機能に迷うよりもまずシャッターを切るーGRはそんなカメラだった気がする。

[PR]

by ema_photo | 2017-03-07 17:45 | Ricoh GRDII | Comments(0)

iPhone3Gの頃。

IMG_0229.JPG
Apple iPhone3G / hiconで撮影

前回に引き続きiPhoneの写真。
といっても今から9年前、日本で販売された最初のiPhoneである3Gでの撮影。
iPhone3Gのカメラは、200万画素でパンフォーカス。発色も今ひとつで暗所では偽色やノイズも多かった。

IMG_0242.JPG
Apple iPhone3G / hiconで撮影

しかしアプリを使うことによって様々な特徴のカメラに変身するところが面白かった。
古いデータを探していたら、当時気に入っていたhiconというアプリを使った写真を見つけた。
iPhone3Gのカメラの性能の低さが荒いモノクロの画面にマッチしていて、むしろ今のiPhone7よりもフィルムっぽいような気もする。

IMG_0241.JPG
Apple iPhone3G / hiconで撮影

高性能=良い写真になるとは限らない。
これだから写真は面白い。

[PR]

by ema_photo | 2017-03-05 00:17 | Comments(0)