<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

彼岸花

c0217406_08595938.jpg
Olympus PEN F / Lumix G Vario 45-200mm F4.0-5.6

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、彼岸が近くなってすっかり秋めいてきた。
そんな折、妻が通勤電車の中で彼岸花を見かけたと話してくれた。
そこで先日、隣町の河原に彼岸花を見にいってきた。

c0217406_08595880.jpg
Olympus PEN F / Lumix G Vario 45-200mm F4.0-5.6

カメラはPEN Fだけどレンズは古いLumix。iPadの写真アプリで細々と調整している。ちょっといじり過ぎた感もある。
彼岸花は、その強烈な存在感のために実際の姿よりもきつめに補正したほうがそれっぽくなるような気がする。

c0217406_08595651.jpg
Olympus PEN F / Olympus M.Zuiko Digital 25mm F1.8

流石にこの色は、私の力では撮ったままでは出せない。デジタルならではの写真の楽しみ方だと割り切ることにしよう。母の葬儀を終えて1週間ほどたったばかりの休日。供養の気持ちも込めて写真を眺めている。

c0217406_09125659.jpg
iPhone X / 写真アプリで加工








[PR]

by ema_photo | 2018-09-23 09:14 | Olympus PEN F | Comments(0)

写真加工の功罪

c0217406_18295671.jpg
Leica M2 / Summicron 50 /加工後トリミング

先日、母が亡くなった。
実家に帰り、葬儀の準備を進めている際に遺影と葬儀会場で展示する写真を用意するように頼まれた。最近の葬儀では、斎場の一角に個人を偲ぶコーナーが作られ、写真やスライドショーを流すのだという。母のアルバムや兄弟が持っていたデジタルカメラのデータなどの中から使えるものを十数点選んだ。

遺影とする1枚を選んでいるときに、持参していたiPadにiOS版のPhotoshop fixとLightroomがあることを思い出した。Photoshop fixを試して見ると意外に自然な感じでの修正ができることがわかった。また、Lightroomでは、ホワイトバランスや明るさなどを調整し、雰囲気を整えた。
ずっと家族が見ることになる遺影を加工することに少しの抵抗感はあったが、記憶色のように心の中にある姿に近づけることを意識して作業を行った。

式が終わって、写真を整理しながらオリジナルの写真と比べて、果たしてこれでよかったのかとまた考えてしまっている。
しかしまた、微笑んでいる母の写真が増えたことが嬉しくもある。
ちなみに上の写真もM2で撮ったカラー写真をモノクロにし、口角をやや上げて、肌をスムーズにするフィルタを少しをかけている。
自分で加工してしまった写真なのだが、柔らかい笑顔に慰められてもいる。



[PR]

by ema_photo | 2018-09-12 18:55 | Leica M2 | Comments(0)

フィルムで撮る楽しみ。

c0217406_09382701.jpg
Olympus 35RC / 業務用フィルム

夏の間に持ち歩いていたOlympus35RC。なかなかフィルムが進まなかったけれど、旅行中に出会った古い建物を撮るのが楽しかった。
デジタルのようにすぐに写りを確認することはできないけれども、頭の中でこんな風に撮れていたらいいなあというイメージが残る。

c0217406_09384294.jpg
Olympus 35RC / 業務用フィルム

現像から帰って来た結果がイメージ通りだととても嬉しい。
そして楽しみに待っているからこそ、イメージが頭の中に残りやすいような気がする。

c0217406_09385368.jpg
Olympus 35RC / 業務用フィルム

それもまた楽しい。


[PR]

by ema_photo | 2018-09-03 09:47 | Olympus 35RC | Comments(0)